スキャル・デイトレの勝率アップ手法研究会

独自手法から購入商材まで、ある工夫を加えることで勝率をアップさせ、みんなで儲けよう!と思うブログです。特にFX初心者には、ためになる情報を提供しようと思います。

 
プロフィール

koko

Author:koko
三重県在住。
サラリーマンしながらスキャル・デイトレを中心に、やってます。今ではスイングも。
時間が取れないときも多いので、普段はEAを稼働させながらコツコツ頑張ってます。
バイナリーオプションも研究中。

最新記事
情報満載ランキング!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村



FXデイトレード ブログランキングへ




カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

売買シグナルとターゲット算出法 特典

[売買シグナル点灯!!ターゲットはコレ!!]
すべてが自分で算出できる、第3弾特典が完成しました!!



自分で、売買シグナルがわかり、おまけにそのシグナルのターゲットが算出できるとしたら!?
そんな方法があるんです。

巷に、よくあるのが、「ドル円は、98.10円から97.30円の動き」なんて情報です。
まあ、抵抗ラインであろうことはわかりますが、上昇?下降?わかりませんね。

次に、「上昇なら、98,10円、下降なら97.30円」。
ん~同じです・・・。

もちろん、このような情報でも。その値をブレイクしてイケイケどんどんなんてことも、よくあります。

そんな情報ではなく、ある作業をすることにより、売りなのか買いなのかのシグナルがわかります。
もちろん自分自身でわかります。

ドル円。
98.23円で買いシグナル点灯。
第1ターゲットは、99.86円。
第2ターゲットは、100.26円。

と、いう感じで!

ドル円に限らず、すべての通貨において算出可能です。
ただ、地道な毎日の作業の積み重ねが必要です。
毎日といっても、慣れればほんの数分の作業です。その後の分析およびエントリーも、今やスマホやタブレットがありますから、通勤途中でもOKです。

とあるラジオ番組(FX関連)でこの方法を取り上げたときに、その番組のパーソナリティさんは、この算出方法そのものを知りませんでした。
その方は、株やFXを何年もやってこられた方です。
このように、FXを長年やっている方でも、この方法を知らない方が多いです。

また、有料でシグナル配信なんてよくありますよね。
それも、この方法で導き出したのがほとんどです。
数万円でこの方法を販売しているサイトもあります。
そんな有料級のものが、自分自身でできるんです!

そんな便利で、有効な分析方法を、今回まとめさせていただきました。
それが、「売買シグナルとターゲット算出法」です。ちょっとタイトルは地味ですが、FXで今後、しっかり勝っていきたいなら必須の情報だと思います。

<内容>
1、概要
2、毎日の作業内容と作図ルール
3、3つの分析方法
4、売買シグナルの見方
5、トレンド分析
6、具体的な作図法
7、ターゲット算出法
8、損切りについて
9、具体例

さらに、このレポートには、「手ごたえ」を感じている2種類のインジケーターもお付けします!
このインジについては、こちらの記事を参照

※「売買シグナルとターゲット算出法」は、販売商材ではないので、サポートはできません。ごめんなさい。


購入特典C「売買シグナルとターゲット算出法および2種インジケーター」
となります。



特典付き商材は、こちらからご確認ください。


特典希望の方は、必ず、右の商材・EAの販売サイト紹介の部分をクリックしてから購入してください。

他のブログまたは販売サイトから購入された場合は、特典配布対象にはなりません。
こちらが、購入確認できない場合は無効とさせていただきます。

当サイトから購入後以下の手順でお願いします。





☆infotop(インフォトップ)からのご購入の場合

注文ID(必ずお願いします)
メールアドレス
お名前
購入商品名
購入日
希望特典 AかBかCかDかkokoスキャFX
(購入特典のAかBかCかDかkokoスキャFXかを必ず選択し記入してください。どれか一つです。)


☆fx-onからのご購入の場合

メールアドレス
お名前
購入商品名
購入日
希望特典 AかBかCかDかkokoスキャFX
(購入特典のAかBかCかDかkokoスキャFXかを必ず選択し記入してください。どれか一つです。)




以上の内容を、当ブログ、左上のプロフィール下の、「お問い合わせ」をクリックして、ご記入後、送信してください。
こちらからでも大丈夫です。(お問い合わせ)

メールを受け取りしだい、なるべく早く対応させていただきます。





関連記事

コメントの投稿

秘密

   
365fx比較はコチラ