スキャル・デイトレの勝率アップ手法研究会

独自手法から購入商材まで、ある工夫を加えることで勝率をアップさせ、みんなで儲けよう!と思うブログです。特にFX初心者には、ためになる情報を提供しようと思います。

 
プロフィール

koko

Author:koko
三重県在住。
サラリーマンしながらスキャル・デイトレを中心に、やってます。今ではスイングも。
時間が取れないときも多いので、普段はEAを稼働させながらコツコツ頑張ってます。
バイナリーオプションも研究中。

最新記事
情報満載ランキング!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村



FXデイトレード ブログランキングへ




カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

「ダマシに騙されないFX手法」+「MT4で日経225のデイトレ手法」 新しい特典が誕生!

最強のインジケーターを活用する
「ダマシに騙されないFX手法」
<機能するラインと有効なインジケーターをうまく活用するコツを伝授!>


・初心者でもわかりやすい判断ができるチャート。
・相場分析が不得意な方でも目で見てわかりやすいチャート。

・ダマシに騙されにくいチャート。
・ラインを自分で引かなくてもいいチャート。

・順張りで継続的に勝てる手法。


上記を基本コンセプトにして私の手法を練り直し、検証を重ねて、誕生させました。


◎チャートについて

一見、ラインが多く見にくいと感じるかもしれませんが、すべて有効で機能するラインです。
これがないと自分自身トレードはできません。
それだけ重要です。

パッと見て、トレンドの状況がわかるように色設定のライン表示など工夫を凝らしました。
また、手法の表題にもなっているように、いわゆる「ダマシ」を極力見分けられるように、チャート設定および解説に力を注ぎました。
もちろん、すべてのダマシを100%見分けることはできません。それはご理解ください。

エントリー決済


◎手法の特徴

流れに乗って、順張りで細かく、あるいは大きく取ることができます。
チャンスを待ち構えて、5分足でスキャルピング。流れに沿って15分足でデイトレ。
それぞれが可能な手法です。流れに沿ったポジション取りで、大きな怪我(大きな損失)を防ぎます。
トレンドに沿っての手法ですので、突発的な動きでない限り、安心して取り組めます。


◎レポートの目次(PDF80ページ)

1、インジケーターとテンプレートファイル
2、最強のインジケーターを活用する「ダマシに騙されないFX手法」について
3、チャート設定・構成について
4、○○足の重要性
5、上位時間軸について
6、エントリーポイントについて
7、エントリーから決済まで
8、Trixでダマシに騙されないコツ
9、信頼できるインジケーターを複数利用する
10、トレンド方向の確認方法(すばらしく簡単明快です)
11、主軸となる○○足チャートについて(機能するラインの見方・活用方法)
12、5分足による状況判断
13、再びエントリーから決済の復習(5分足だけではわからない勝てるポイントがある)
14、エントリー方向の判断練習
15、主軸となる○○足チャートを徹底マスター
16、5分足の動きと主軸のチャート
17、損切りについて
18、エントリーと決済の最終確認
19、重要な通貨の連動性
20、取引通貨について
21、スキャルピングで勝つ方法(1分足について)




◎「ダマシに騙されない」仕組みを少しお話します。

主軸に据えるある時間足において、トレンド方向を確認します。
この確認は、パッと見てわかります。
本当に誰でもわかるようにしてあります。

もし、上昇トレンドだと判断できた場合、その相場において下落がポッと生じた場合でも、いくつかのラインの組み合わせにより、それをダマシと判断し、逆にそれをチャンスに変えてポジションを取っていきます。

と、書くとなんか逆張りのように思うかもしれませんが、決してそうではありません。
主軸のチャートが上昇トレンドですから、押し目買いを狙ったにすぎません。
下落が始まった!と判断してしまうか、押し目のチャンスと見るか、この辺りも詳しく解説しています。
もちろん、トレンド転換はトレンド転換で、判断基準を明確にしてあります。
よって、それが主軸チャートで確認できれば、今度は迷うことなくそれについていくだけです。

今まで、ダマシに騙されてきた方、トレンドがうまく判断できない方にはおおいに役立つ情報となっています。

右チャートでは一見下落!?でも、しっかりロング(買い)で利益確定です!
これができるチャート構成になっています。
ロング例決済
ここを下落ととらえて売りで入るとダマシです。それが回避される手法です!


◎機能するラインとインジケーター

チャートには、複数のラインがあります。
サポートになる・レジスタンスになる、はたまた利確ポイントになる各種ラインが自動で引かれます。
威力を発揮する重要なラインです。

5分前半6・2


下段には、3つのインジケーターを表示させます。
これは、エントリー時において強力な武器になります。
3つを組み合わせて判断することにより、より有効なエントリーができるようになります。
例えば、1つのインジケーターは、売りを示したが、他はまだ売りとなっていない場合は、エントリーしません。
このように、それぞれが弱点を補完し合い無駄なポジション(ポジポジ病)を防ぎます。
難しい判断は必要としません。色などで容易に判断できるインジケーターを活用しています。

インジケーターの選択にも検証に検証を重ねました。
どれも判断しやすいものにしています。
やはり信頼度No1は、kokoインジケーターです。
同色になっているかどうかは強力な武器であり、安心してトレードできる最強のインジケーターだと思っています。
※kokoインジケーター搭載済み!

上記の特典を「特典X(エックス)」とします。




さらに!
この特典Xには、
「MT4で日経225のデイトレ!『有効なラインとインジケーターで日経225先物のデイトレで稼ぐ戦略的手法』も付いてきます!

付録のように書きましたが、これだけでも立派なレポートに仕上がっています。

19日3
なんと的確なサインで100円幅を取っています。

日経225はFXよりも、ダマシが少ないと言われます。
私もそう思います。ドル円と株価はある意味、連動性があります。
FXのみされている方は、視野を広げる意味でも、日経225の動きを見てみることをお勧めいたします。

19日4
FXよりも、機能しまくりのラインです!



◎目次(PDF42ページ)

1、MT4初心者のための解説
2、MT4のダウンロードと設定
3、MT4での日経225の注意点
4、なぜ、日経225でMT4を使うのか
5、インジケーターとテンプレート
6、デイトレ手法解説
7、上昇相場のデイトレ
8、金曜日のデイトレ
9、レンジ相場のデイトレ
10、下落相場のデイトレ



この日経225のデイトレでは、実は、「ダマシに騙されないFX手法」とまったく同じチャートを使います。
MT4だからできる技です。
実に、各種ラインが機能しています。
本当に機能しまくりです。
それはテクニカル通りに動くという証拠でもあります。

手法は、「ダマシに騙されないFX手法」と変わりません。それでも、不思議なくらいトレードしやすいです。
よって、手法の考え方などは上記と同じです。
なぜ、日経225先物を分析するのに、MT4がほとんど使われていないかが不思議なくらいです。


※日経225先物として取引しにくい方は、GMOクリック証券などでの、CFDとしての取引もありますので、こちらでしたら、FXと同じような取引スタイルでトレードが可能です。





特典X「ダマシに騙されないFX手法」+「日経225先物のデイトレで稼ぐ戦略的手法」

※特典の販売は一切しておりません。ご了承ください。



他のブログまたは販売サイトから購入された場合は、特典配布対象にはなりません。
こちらが、購入確認できない場合は無効とさせていただきます。

当サイトから購入後以下の手順でお願いします。


☆infotop(インフォトップ)からのご購入の場合

注文ID(必ずお願いします)
メールアドレス
お名前
購入商品名
購入日
希望特典(購入特典のどれか一つ必ず選択し記入してください)


☆fx-onからのご購入の場合

メールアドレス
お名前
購入商品名
購入日
希望特典(購入特典のどれか一つ必ず選択し記入してください)




以上の内容を、当ブログ、左上のプロフィール下の、「お問い合わせ」をクリックして、ご記入後、送信してください。
こちらからでも大丈夫です。(お問い合わせ)

メールを受け取りしだい、なるべく早く対応させていただきます。

購入特典A・E・X・kokoスキャFXの対象商材一覧はこちらのページから、ご確認ください(随時追加中!)


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


FXデイトレード ブログランキングへ






関連記事

コメントの投稿

秘密

コメント一覧

もう一つの225との違いはなんですか?

コメント一覧

Re: タイトルなし

> もう一つの225との違いはなんですか?

特典EとXの違いのことでしょうか?

特典Eは、寄り引けでおこなうものです。
特典Xは、デイトレつまりPCにはりつき、トレードを行うものです。

詳しくは当ブログ記事や日経225先物などで検索しお調べください。
よろしくお願いいたします。
   
365fx比較はコチラ