スキャル・デイトレの勝率アップ手法研究会

独自手法から購入商材まで、ある工夫を加えることで勝率をアップさせ、みんなで儲けよう!と思うブログです。特にFX初心者には、ためになる情報を提供しようと思います。

 
プロフィール

koko

Author:koko
三重県在住。
サラリーマンしながらスキャル・デイトレを中心に、やってます。今ではスイングも。
時間が取れないときも多いので、普段はEAを稼働させながらコツコツ頑張ってます。
バイナリーオプションも研究中。

最新記事
情報満載ランキング!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村



FXデイトレード ブログランキングへ




カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

3次元ベータトレード塾 月に40%の利益 販売終了

「3次元ベータトレード塾」は、明日「9月25日の木曜日」の「23時59分」に、その門戸を「完全」に閉ざします。


●月に40%の利益が見込める
「3次元ベータトレード」に取り組めば、月に40%の利益が見込めます。

もちろん、その月々によって利益のブレはありますので、年間でならした上での月間利益とご理解ください。


月に40%の利益と言うと、
30万円の元本であれば、月に12万円の利益、
50万円の元本であれば、月に20万円の利益、
100万円の元本であれば、月に40万円の利益です。

したがって、「3次元ベータトレード」を身につけ、更に100万円の元本が用意できれば、トレーダーとして「自立できる」のです。
月に40万円の利益を得られるのですから。


更に「3次元ベータトレード」で重要なことは、元本が大きくなっても同じパフォーマンスを発揮できるということ。

つまり、
1,000万円の元本であれば、月に400万円の利益、
5,000万円の元本であれば、月に2,000万円の利益。

これは、まったく非現実的な話ではありません。
事実、当たり前のように私の目の前で繰り広げられている話です。


小手先のテクニカル分析に依存するような世の中の手法は、元本が大きくなると、それに反比例して利益が小さくなるもの。
しかし「3次元ベータトレード」は、元本が大きくなればなるほどその輝きを増し、それに比例して利益も大きくなるのです。

「3次元ベータトレード」は機関投資家が活用し、彼らは、何百億、何千億という資金を運用しているのですから、資金が大きくなることに対するリターンは実証済み。





●いつでもトレードできる


「3次元ベータトレード」はいつでもトレードができます。

早朝でも、深夜でも、仕事前でも、仕事後でも、好きな時間にトレードをしてください。

つまり、「3次元ベータトレード」を噛み砕いて言うと、「空き時間」こそが、チャンスになる手法なのです。


残念ながら、その空き時間にトレードができなくても、チャートを見ればサッと判別が可能ですので、「チャートに張り付いてマーケットの行く末を見守る」という無駄な作業は発生しません。


私の場合、朝起きてから今日はどの時間に攻めようかを決め、その時間になったらおもむろにパソコンを立ち上げてトレードします。
いつでもトレードができるのですが、そのトレードは「オン」と「オフ」が明確な、メリハリのあるトレードが可能なのです。




●毎日トレードできる


マーケットは毎日、存在します。

したがって、「毎日」がトレードチャンスであることが、専業トレーダーにとっては重要な要件となります。


にもかかわらず、
自分の「型(手法)」が通用する「相場」が来るまで、じっと息を殺して今か今かと待つようなトレーダーがあまりに多い。

実に滑稽な話です。
失礼を承知で言うと、かわいそうな話です。

こんな残念なトレーダーは世の中にたくさん存在するようですが。


トレンドがないと儲けられない。
ボラティリティがないと儲けられない。


こんな「特殊な瞬間」でなくては儲けられないのは、私に言わせれば、もはや「トレーダー」ではありません。

だって、その「特殊な瞬間」が一生こなかったら、そのトレーダーはトレードができないのですから。
トレードができないのであれば、稼ぐこともできません。

「3次元ベータトレード」は、相場の波は関係ありません。
ボラティリティが無くても構いません。
凪のような相場でも利益を残せます。

だから、相場が良くても悪くても、動いていても動いていなくても、毎日トレードチャンスがあり、少しずつ利益を積み上げていくこと。

こうして、毎日のマーケットの中で、1万円、5万円、10万円を淡々と取っていくこと。


これが、「トレーダー」と名乗る人間には必要な「力」であり、「3次元ベータトレード」を学べば、その「力」を誰しもが得られるようになるのです。




●労力をトコトン省ける


「3次元ベータトレード」で目指すところは、「絶対額を稼ぐ」ではなく、「効率的に稼ぐ」です。
同じ絶対額を稼ぐのであれば、短時間で稼ごうよという話です。


もちろん「お金」は大事です。

しかしそれと同等、いや、それ以上に大事なのが「時間」です。
だって、「時間」があれば「お金」を産み出せるのですから。


例えば、1日に10万円を稼ごうとした時に、

・8時間かけて10万円を稼ぐのと
・30分かけて10万円を稼ぐのでは、

どちらを選びますか?


ほとんどの方が後者の「30分」と答えると思います。
「時は金なり」とは良く言ったものです。


効率的に稼いで空いた時間は自分のやりたいことをやれば良いのです。


もちろん、空いた時間に、他の商売をやって稼いでも良いですし、別のトレード手法に取り組んでも良いですし、サラリーマンの方は、お仕事に戻っても良いわけです。


実に自由。
実にフリーダム。

無駄なことは省いて最大の利益を求め、空いた時間で人生を充実させ、人生を安定させる。


トレードの時間効率を上げることにより、トレーダーとしての生産性を向上させることができるのが、「3次元ベータトレード」なのです。


私は、トレードで空いた時間が見つかれば、早い時間からワインをを飲んだりすることもありますし、ヨガをやったりジョギングをやったりと、体のメンテナンスに費やすこともあります。

「3次元ベータトレード」は、自分の人生を、自らコントロールすることができるようになる手法なのです。




●短期決戦で勝負がつく


「3次元ベータトレード」は、短期で決着が付きます。

したがって、相場に向き合ってトレードする時間は、考える時間も含めて1回あたり10分から30分くらい。


そうです。
トレードにかける時間なんて短くて良いのです。


短期で勝負がつくので、トレード以外に本業がある方は非常に重宝する手法です。


エントリー時点で、利益と損失を確定させるので、注文したら、あとはパソコンを閉じてしまって問題ありません。


ちなみに、損切りが付いたらその日はトレード終了です。

翌日にまた出直せば良いのですから。


しかし、儲けるときはガツンと儲けますので、10回でも20回でもトレードを行う日はあります。


だって、今、儲けられるのに、その儲けを放棄してトレードを辞めて寝てしまう理由なんてひとつもありませんから。
これはあくまでも私の考え方ですが。




●少額から開始することが可能


「3次元ベータトレード」は、30万円の資金から開始できます。

この資金が大きいのか小さいのかは、それをどう感じるのかは人それぞれですので私はわかりません。


しかし忘れないでください。


「3次元ベータトレード」を身につければ、月に40%の利益が見込めるわけです。

30万円の元本からスタートしたとしても、月に40%で12万円の利益が12ヶ月と考えると、年間で144万円の利益です。
翌年、この144万円を元本とすれば、月々の利益は「57万円」。


もちろん、「3次元ベータトレード」を学び、成長する過程においては、成功も失敗もあるでしょうから、こんな風にうまくいくとは限りません。

しかし、「3次元ベータトレード」という「手法」には、それを実現するポテンシャルを「十分に秘めている」わけです。


ついでに言ってしまうと、前述したように、機関投資家が活用する「3次元ベータトレード」は、元本が大きくなれば、それに比例して利益も大きくなります。


「資金が大きくなってもパフォーマンスは変わらない」という事実。


したがって「3次元ベータトレード」を身につけることができれば、
「今、いくら用意できるか?」
ということはたいした問題ではなく、
「1年後、2年後、谷口 さんにはどんな力が備わっていて、どれだけのお金が残っているのか?」
・・・ということを考えるのが自然だと私は思います。


「今、どのような状態にあるのか?」
など関係ありません。

「近い将来、どのような状態になっているのか?」
が肝要なのです。




●リスクが限定されている


投資は「リスクを取るからリターンがある」のですから、決してリスクがゼロというわけではありません。

誤解の無いように言うと「3次元ベータトレード」は、単に「リスクが限定されている手法である」だけです。


ただ、リスクコントロールのルールが明快なので、損失が膨らむ前に損切りをしていきます。
むしろ、損切りは積極的に行っていくと言っても良いかもしれません。
しかし、それでもお金が着々と残っていく。


・・・そんな手法です。


また、ツールを用意しているので、そのツールを利用することで、突然の暴落や暴騰を察知することができ、安心して取引できます。

よくある、勝率99%と謳いながら、一度の損失で資金がゼロになってしまうような手法ではなく、利益と損失のバランスがしっかりとコントロールされた、例えは適切かはわかりませんが、実に「健康的な手法」なのです。


それから。


もう一点、誤解をする方が多いのですが、リスクとは「お金」を失うことだけではありません。

「時間」を失うこともリスクなのです。


つまり、有限である時間をどう使って最大の利益を得るかが重要でこの点はこれまでにもお伝えしたとおりです。


「3次元ベータトレード」は、マーケットに時間を費やすことはありません。
そうではなくて、時間効率の高い、「時は金なりトレード」を実現する手法なのです。




●知識ゼロの初心者が短期間でマスターできる


「3次元ベータトレード」は、投資経験の無い、知識がまるっきりゼロの初心者であっても、3ヶ月もあれば実践も含めてマスターすることができます。


勘のいい人であれば1週間もあれば十分。

事実、「3次元ベータトレード」を通じて、はじめて投資を行った初心者さんが、私が教えた翌日から実践し、9連勝を飾ったこともあります。


その理由は明快。
ルールが明確なので機械的にできるから。

相場を予想する必要など無く、ただただルールにしたがって、言葉は悪いですが「馬鹿正直」に取り組めば良いだけ。


もっと言ってしまうと「3次元ベータトレード」は、「相場観を排除」できる手法です。


私のこれまでの経験上、
他の手法で変な知識やテクニックが身に付いてしまった方の方が、相場の原理原則に肉薄する「3次元ベータトレード」に距離感を感じ、身につけるまでに時間がかかってしまうことが多いです。


したがって、
「3次元ベータトレード」は誰でもできるのは事実ですが、これまでの無駄な経験や知識を捨て去らなくては、身につけるまでに時間がかかるとご理解ください。




●100年、200年と使い続けることができる


「3次元ベータトレード」は、相場の本質を捉えた手法なので、相場が存在する限り活用することができます。

したがって「手法が廃れる」という概念がありません。

「3次元ベータトレード」を身につけることは、つまりは「安泰な将来を約束されること」と同義なのです。


もちろん、マーケットは過去も未来も本質は変わらないので、全員がやっても飽和しません。


そもそも私が知る限り、私の周囲の人間や機関投資家を除いて、「3次元ベータトレード」を活用しているトレーダーはいません。

マーケットの本質に迫っているトレーダーは、つくづく少ないのだなと感じる次第です。




●お金儲けに徹する


我々は、テクニカル手法に詳しい人間になる必要も、会社情報に詳しい人間になる必要もありません。

つまり、「マーケットの学者」になることなく、お金稼ぎに貪欲にとことん注力すればいいのです。


「やってはいけないこと」を「やらない」。
「やるべきこと」を「やる」。


「3次元ベータトレード」で守るべきはただそれだけ。
だから、つまらない手法かも知れません。


しかし、このつまらないことを淡々と積み上げることで、1年後、2年後、手元には、結果として大きな収益が残っていることでしょう。






これらが「丸々すべて」「3次元ベータトレード」の特長です。

これまでにトレードを上達させるために、下記のような裁量的知識を蓄えてきたのかもしれません。

チャートの見方、
トレンド形成、
移動平均線、
パラボリック、
ボリンジャーバンド、
ゴールデンクロス、
デッドクロス、
ファンダメンタルズ・・・


こうした裁量的知識から透かしてみると、「3次元ベータトレード」の手法は、こうした知識をほとんど必要としません。

これまでに一般的に語られてきたであろう「相場で勝てる方法」として学んできたことと、「3次元ベータトレード」の手法は、
「あまりにも」かけ離れているのです。


そう。

これまで相場に向き合い、作り上げてきた、株式やFXはこうれば勝てる的な思考回路をはるかに越えたところに存在するのが「3次元ベータトレード」なのです。


だからこそ、人によっては、この「3次元ベータトレード」は受け入れがたい手法でしょう。


とりわけ、懸命にトレード塾などで学んできた方にとっては、

「それで稼げるだと?ふざけるな!」

と言われてしまいかねない手法です。


朝から晩までチャートを見続けてきて、「真面目に積みあげてきた方」にとっては、怒号、逆鱗に触れる手法であるわけです。


「3次元ベータトレード」は。



もちろん、裁量的知識はあっても良いでしょう。


とは言え、「無いよりはあった方が良い」くらいです。


稼げもしない妙な裁量トレードの知識に引っ張られて、大事な「3次元ベータトレード」での「トレード」が濁ってしまうのは、
逆に、はた迷惑な話ですから。


あくまでも何かを選択する上での知識として、「裁量トレードの知識」は、あっても良いかも知れませんが、「裁量3次元ベータトレード」に取り組む上では、「裁量トレードの知識」など必要ありません。



せいぜい、あるに越したことは無いという程度。


「3次元ベータトレード」はこんな手法だからこそ、真面目に裁量トレードを学んできた方からは、イライラされ、毛嫌いされ、目の仇にされるわけです。



「3次元ベータトレード」に取り組む上では、テクニカル手法に詳しい人間になる必要も、会社情報に詳しい人間になる必要もありません。

為替の知識、世界経済の情報、相場の判断力も必要ありません。

株式やFXなどの投資経験はむしろ足かせになりますし、才能も反射神経も必要ありません。


こんな、手ぶらで取り組める手法を学べる機会が、残り「1日」で閉じられようとしています。



3次元ベータトレード塾




今回特別に、この商材に限り、当ブログすべての特典をプレゼントさせていただきます!※お蔵入りのA・Bも特別復活させます!



☆当ブログからのFX商材・EAを購入した場合の特典について☆
以下のページをご覧ください。

購入特典A・B・C・D・E・X・kokoスキャFXの対象商材一覧はこちら(随時追加中!)


☆「購入特典 kokoスキャFX」

☆「購入特典 A<インジケーター編>」(7月末でお蔵入り)

☆「購入特典 B<koko手法編>」(7月末でお蔵入り)

☆「購入特典 C<売買シグナルとターゲット算出法>」

☆「購入特典 D<戦略的バイナリーオプション攻略法>」

☆「購入特典 E<自分でできる 日経225先物ミニ 簡単明快!寄り引けトレード>」

☆「購入特典 X<ダマシに騙されないFX手法 + MT4で日経225先物デイトレ>」


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


FXデイトレード ブログランキングへ



関連記事

コメントの投稿

秘密

   
365fx比較はコチラ